世界の病巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 米飲食店がライオンバーガー

<<   作成日時 : 2010/06/24 11:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


 米アリゾナ州の飲食店が南アフリカのサッカーW杯開催記念に「ライオンバーガー」のメニューを発表した。

 アリゾナ州メサで飲食店を営むキャメロン・セロギーさんは、「アフリカライオンの肉」と称する肉を約4.5キロ購入し、牛肉と混ぜて作ったW杯記念ハンバーガーを店で出すことを計画。常連客に電子メールでこのキャンペーンの宣伝をした。

 セロギーさんによると、問題の肉はフェニックスの流通業者から購入し、産地を訪ねると、米農務省の認可を受けたイリノイ州の牧場産との答えが返ってきたという。

 しかしセロギーさんの店に22日に届いた肉には、イリノイ州シカゴ郊外にある食肉卸売店の表示があった。同店はウェブサイトで食肉用のラマ、ラクダ、ライオンを宣伝しており、経営者のリチャード・ツィマーさんは、ライオンの肉は別の人物が営む皮革業の副産物だと説明した。この人物がどこからライオンを入手したかは不明だとしている。

 セロギーさん、ツィマーさんともライオン肉は米農務省の検査済みだと信じて疑わなかったが米農務省は、食肉用のライオンは同省ではなく食品医薬品局の管轄だと指摘した。食品医薬品局広報によれば、米国ではアフリカライオンは絶滅危惧種に指定されておらず、食用は禁止されていないという。

平成22年6月24日午前11時58分

米飲食店がライオンバーガーで騒ぎに、肉の出所は

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米飲食店がライオンバーガー 世界の病巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる