世界の病巣

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカが次世代戦闘機に核兵器搭載

<<   作成日時 : 2010/05/03 15:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 米国防総省が次世代戦闘機F35に戦術核兵器を搭載できるように、機体の開発と既存の核爆弾の改修を進めることが3日、分かった。F35は将来、在日米軍基地や欧州に配備される予定で、前方展開地域における「核の傘」を維持する能力を確保する狙いがある。

 核兵器廃絶を目指す一方で、北朝鮮やイランなどの核の脅威が存在する限り、核の抑止力を維持するオバマ大統領の方針を反映したものだ。

 オバマ政権が策定した核戦略体制の見直しによると、核爆弾を搭載できるF16戦闘機の退役に備えて、F35に核爆弾を搭載できるようにする。「この決定は、同盟国を支援するために、戦術核を前方配備する能力を維持することを確実にする」としている。

平成22年5月3日 15:02

次世代F35に戦術核搭載=前方展開、抑止力維持−米

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカが次世代戦闘機に核兵器搭載 世界の病巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる