世界の病巣

アクセスカウンタ

zoom RSS シーシェパード 捕鯨妨害で震災支援に貢献と主張

<<   作成日時 : 2011/03/26 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 南極海の調査捕鯨を1カ月早く切り上げて帰港し東日本大震災の救援物資船となった日本船団の母船日新丸について捕鯨中断に追い込んだ米国の反捕鯨団体シーシェパードは25日われわれの努力が震災犠牲者への支援を生み出したと主張する声明を出した。

 シーシェパードの過激な妨害により今期の調査捕鯨を中断した船団の日新丸は今月21日東京大井埠頭に帰港。日新丸を保有する共同船舶はすぐに震災被災者を助けたいとして被災地への救援物資運搬船として利用することを決めた。日新丸は25日重油500キロリットルや大量の食料などを詰み込み宮城県沖に向け出港した。

 シーシェパードは同日の声明で捕鯨妨害のおかげで日新丸が1カ月早く帰港その結果シーシェパードが震災への人道援助に貢献できたと主張。日新丸は永久的に人道援助船となるべきだとも要求した。

 シーシェパードは東日本大震災の発生後震災について頻繁に言及。傷害などで国際手配中のポールワトソン代表は海の神が怒ったとする趣旨の「津波」と題した詩を発表し物議を醸している。

 一方日本のイルカ漁に圧力を加えようと震災直前の3月上旬に岩手県大槌町を訪れていたシーシェパード幹部のスコットウエストは地元の人々に助けられ津波の被害から逃れたが米国に帰国後手記を公表し岩手県と和歌山県太地町のイルカ虐待は常軌を逸した活動であり決して許されるものではないと述べた。

平成二十三年三月二十六日十二時三分

シーシェパード 捕鯨妨害で震災支援に貢献と主張

日本萬歳
日本の病巣

露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸  本日モ反省ノ色無シ
朝鮮半島  本日モ波高シ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シーシェパード 捕鯨妨害で震災支援に貢献と主張 世界の病巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる