世界の病巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 小麦輸出を一時禁止へ、ロシアが干魃で

<<   作成日時 : 2010/08/05 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 ロシア政府は5日、干魃による深刻な農業被害を受けて、小麦などの穀物の輸出を今月15日から12月31日まで禁止することを決めた。世界有数の小麦生産国であるロシアの輸出停止で、記録的な高騰が続いていた小麦の国際価格がさらに上昇する情勢となった。小麦の90%近くを輸入に頼る日本にも影響が広がりそうだ。

 輸出禁止の対象は、小麦や大麦、トウモロコシのほか、小麦粉などの製品にも及ぶ。プーチン首相は輸出禁止について、家畜用飼料を確保するためにも「国内価格の高騰を認めるわけにはいかない」と説明した。

 ロシアでは、干魃によって作付面積の約2割で農作物が壊滅。農業省は穀物収穫量の予測を当初の9700万トンから7000万〜7500万トンまで下方修正している。

平成22年8月5日午後11時8分

小麦輸出を一時禁止へ、ロシアが干魃で

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小麦輸出を一時禁止へ、ロシアが干魃で 世界の病巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる