世界の病巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 商船三井のタンカーが爆発、何者かが攻撃

<<   作成日時 : 2010/07/28 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 「商船三井」によると、日本時間28日午前5時半ごろ、オマーン領海内のホルムズ海峡の西の海域で、商船三井が運航する、アラブ首長国連邦から千葉港に向けて原油を運んでいた大型タンカーの船体の一部で爆発があった。

 爆発があったのは船の後部にある船員たちの居住部分で、ドアが吹き飛んだという。この際、インド国籍の乗組員1人が腕に軽いケガをした。乗組員は、爆発の直前にタンカーにボートが近づき、何かが光ったのを見たという。このため商船三井は、タンカーが何者かに攻撃を受けた疑いがあるとみている。

 これまでに原油の流出はなく、自力で航行できるということで、アラブ首長国連邦の港に向かっているという。なお、このタンカーに日本人の乗組員はいない。

平成22年7月28日午後5時24分

商船三井のタンカーが爆発、攻撃受けたか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
商船三井のタンカーが爆発、何者かが攻撃 世界の病巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる